スポンサーサイト

  • 2007.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


頭のトレーニングもたまにはしようかな?

ラリーってGPSと地図を見て、自分の今居る場所を正確に把握する能力が必要ですよね?
あと、マシン整備もバラした部品を頭の中で組み立てるイメージって大切ですよね?
これって、難しく言うと空間認知って言うのですが、一般的には女性より男性の方が優れていると言われています。(だからと言って、男性の方が頭が良いと云う訳では決してありませんよ!!言語能力では男性は女性にはかないませんからね。笑)
ほんのちょっと前に話を聞かない男、地図が読めない女という本がベストセラーになってご存知の方も多いかも知れませんが…


で、本題なんですが、先日久しぶりにルービックキューブをしたんです。
息子とおもちゃ屋さんに行った時に…
懐かしいこれ↓です。

何気なく、手にとって遊んだんですが…
全然解けない!!
昔は、攻略本なんか見ずに自力で解けたんですけどね。
先日は、恥ずかしながら1面しか出来ませんでした。
このパズルって、空間認知そのもの!!ってパズルなので、
正直ガックシ…
空間認知力には結構自信を持っていただけに…
まぁ、最近この手の遊びをしていませんでしたから、鈍ってしまったのも無理はないかも?
と言うことで、今日、ルービックキューブを買ってきました。
しかも、簡単な2×2のやつを。

攻略法も付いているので、素直にそれを見ながら解いてみました。
攻略法通りやれば出来るのですが、まだ頭の中でイメージしきれていません。
手が覚えるくらいやれば、それとともにイメージ化も出来るようになると思うので、
しばらくは、暇があればカチャカチャしていようかな?と思います。

久しぶりに肩がアタタ

今日息子と公園で遊んでいたら…
公園の大型遊具で息子とはしゃぎ回っていたら…
左肩がコキンってなってしまいました。

実は、5年ほど前に左肩を脱臼したんです。
現在は、肩のルーズニング(脱臼癖)も無いんですが、
ふと気を抜いて左手を使うと…
コキンってなってしまうんです。

完全に肩が脱臼するわけでなく、肩の捻挫?みたいな感じで、
若干の痛みと脱力感がしばらく続きます。

左手を使うときは、常に肩の力を抜かないように使わないといけないんですが、
たまに忘れちゃうんですよね。

普段から肩の力を抜いて生活し過ぎかな?
なーんてね。笑

日清 スポーツヌードル

ラリーイストに限らず、アスリートにとって食べることはトレーニングの一環です。
まぁ、ここで力説しなくても当然だよね。
なので、アスリートにとってインスタント食品はご法度だったりします。
なーんでか?って事なんだけど、
インスタントラーメンには「リン酸塩」っていう物質が多く含まれているんだけど、
それを多量に摂取すると、亜鉛の吸収を妨げたり、
カルシウムと結びついて体外に排出されたりするんですね。
怖いですね〜。
ビックリですね〜。

(正直言うと、そんなに神経質にならなくても良いんだけどね。笑)

ただ、アスリートには遠い存在だったインスタントラーメン。
でもね、ホントはみんな大好きなのだ!!

そんなインスタントラーメンに革命が!!(ちょっと大袈裟?)
日清スポーツヌードル・回復系 日清スポーツヌードル・燃焼系

なんでも、ミズノの販売ルートでのみ入手可能だそうです。

ちょっと気になりますね〜。
いや、かなり気になりますね〜。

なんか「リン酸塩」なんてどうでも良くなりますね。笑

ラリーに向けてのトレーニング 広背筋を鍛えるのだ!!2

ではいよいよ実際のトレーニング法についての説明ですが、
その前に、広背筋についてもう少し説明を…。(くどい?笑)
広背筋は、最も大きな背筋であるとともに、腕を背中側に引き寄せる働きのある筋肉です。
よく、逆三体型などといわれる人の三角形部分を形作る筋肉です。
体幹をすばやく回旋させたり、安定させる働きもあります。
なので、あらゆるスポーツにおいて重要視される筋肉でもあるのです。

と言う事で、オートバイを操る上でも、無視できない筋肉ですね。
一日中走り続けるラリー競技では、筋肉の瞬発力だけでなく、持久力も求められます。
また、ラリー競技では全身的な心肺能力の持久性も求められますね。

ラリーパパが今回のBTOUを前にして取り組んだのが、ローイングエクササイズです。
有酸素運動(エアロビック)トレーニングと筋力増強トレーニングを一度に出来るから。
普段十分なトレーニング時間が取れないラリーパパには、ピッタリ!!
そして、全身的な持久力トレーニング理論である「マフェトン理論」に従って行いました。

「マフェトン理論」って言うのは、有酸素運動のトレーニング理論の一つで、「180―年齢」で運動時の心拍数の上限値を設定するものです。
そして、運動時の「下限値」を「上限値−10」に設定します。
例えば、35歳の人なら「180−35=145」なので、上限値が145、下限値が135になる訳です。
この心拍数の間で運動を行うと、最も安全に効率よく有酸素トレーニングの効果が期待できるのです。
心拍数の把握が必要なので、ハートレイトモニターが必需品です。

大切なのが、平常心拍数から下限値の心拍数までの上昇を運動開始後15分くらいかけて、ゆっくりと上げていくことです。
運動終了時も15分くらいかけて、ゆっくりと平常時心拍数近くまで下げていきます。

例えば、15分かけてゆっくりと心拍数を135以上までに上げ、それから135〜145の心拍数で運動を続けます。そして、また15分かけてゆっくりと平常時心拍数まで下げていくのです。

なので、運動時間が30分しかとれない時は、ゆっくりと目標心拍数まで上げて、そのままゆっくりと下げていくだけになります。
しかし、これだけでも十分にトレーニング効果が期待できますよ。

さて、このやり方でローイングエクササイズを行うと…。

かなり効きます。
ランニングなんか比じゃないくらい。笑

ローイングマシンの負荷の設定は、漕ぐスピードとの関係があるので、好みの強度でトライして下さい。
軽い負荷だと、幾ら速く漕いでも心拍数が上がらないので、その時は負荷を強めて下さい。

ちなみに、ローイングする際の注意点としては、猫背にならず背中を伸ばす事と、漕いだ最後のほうできっちりと肘を背中側(気持ちは腰に向けて)まで回すことです。
そうすることで、特に広背筋に働きかけることが出来ます。

1〜2ヶ月ぐらいで効果が体感出来ると思います。

ラリーパパは約1ヶ月半ほど取り組みましたが、十分な効果があったと思います。

ローイング運動で腹筋や全身を鍛える!(マット付)筋トレ+有酸素運動「スポーツボート」

F−RUNハートレイトモニター
その他のハートレイトモニター


ラリーに向けてのトレーニング 広背筋を鍛えるのだ!!

ラリーは何と言っても体力勝負!!
ラリー中は筋肉痛に悩まされる選手が多いみたいですね。
特に、腕〜背中の筋肉痛が多いみたいです。
前腕の痛みは握力の弱さか、ハンドルの握り過ぎ!!が原因でしょう。
肩から背中にかけての痛みは、広背筋の弱さからくるところが大きいと思われます。

特に広背筋って運動には非常に重要な筋肉で、特に腕を引く動作のときに活躍します。
広背筋の走行は、腰から腕の上腕にかけて伸びる非常に大きな筋肉で、
腕を使う際に、身体を固定する働きもします。
ラリーパパの尊敬する山本"KID"徳郁選手の広背筋はある意味芸術です。笑
しかも、身体の使い方が素晴らしい!!
ボディーイメージの高さが成せる動きです。
あの広背筋があってこそあのパンチ力が出せるのです!!!
と、まぁ山本"KID"徳郁選手の事はこの辺で…笑

バイクに乗る上でも広背筋は非常に重要ですが、なかなか鍛えるのが難しい部位でもあります。
と言うのも、腕で押すにしても、引くにしても、大抵の人の場合は腕の力だけで、その動作をしようとしてしまうのです。
なので、腕が上がってしまう…。

一般的に
腕の筋肉は持久性に乏しく、瞬発力に優れる種類の筋肉が多く、
体幹の筋肉は、持久性に優れ、瞬発力に乏しい種類の筋肉が多い。
のですが、広背筋は持久性に優れながら、瞬発力にも優れる。
うーん。素晴らしい筋肉ですね。

と言うことで、広背筋を鍛えれば良いのですが、何せ鍛えるのが難しい。
懸垂をすれば鍛えられる!!
っていう人もいますが、これも腕の力だけで懸垂してしまう可能性があるし、
もし、広背筋を使っていたとしても瞬発的なトレーニングで、持久力のトレーニングにはならない…。
俺は、1000回でも懸垂できるぜ!!
これでも、持久力は無いか?
って方は、この先は読まなくても良いです。笑

ラリーパパは、ローイングマシンでトレーニングをしました。
ローイングマシンは簡単に言えばボート漕ぎ運動の有酸素トレーニングマシンです。
この運動をハートレイトモニター(心拍計)を使用しながら行うのです。

このトレーニングの良い点は、広背筋を鍛えながら有酸素トレーニングが出来る!!
ついでに握力も!!
って事です。
欠点は、大きな声では言えませんが…

面白くない 笑

ランニングなんかのように爽快感は余り有りませんね。

ラリーパパ的には、非常に快感なんですけどね。
まぁ、トレーニングって大なり小なりそんなもんでしょう?笑

ちなみにラリーパパの使用しているローイングマシンはこれ→スポーツボートです。
理由は安かったから…笑
そして、ハートレイトモニターはこれ→F−RUN ハートレイトモニターです。
理由は安かったから…笑

実際のトレーニングの方法に関しては、また次回にアップしますね。
さすが、ラリーパパ!!
福井県理学療法士会スポーツ支援部部長は伊達じゃないぜ!!

目からウロコの納得トレーニング法を公開しますよー!!
た・ぶ・ん

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
ラリーパパの子育て日記
ラリーパパは小児施設の理学療法士で二人の男の子の父親でもあります。 子供達と過ごす毎日は発見と感動の毎日です。 そんなラリーパパの子育て日記はこちら↓
「ラリーパパのおもしろ子育て」
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM