<< 2006BTOU帰国貨物引取 | main | ラリーに向けてのトレーニング 広背筋を鍛えるのだ!!2 >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ラリーに向けてのトレーニング 広背筋を鍛えるのだ!!

ラリーは何と言っても体力勝負!!
ラリー中は筋肉痛に悩まされる選手が多いみたいですね。
特に、腕〜背中の筋肉痛が多いみたいです。
前腕の痛みは握力の弱さか、ハンドルの握り過ぎ!!が原因でしょう。
肩から背中にかけての痛みは、広背筋の弱さからくるところが大きいと思われます。

特に広背筋って運動には非常に重要な筋肉で、特に腕を引く動作のときに活躍します。
広背筋の走行は、腰から腕の上腕にかけて伸びる非常に大きな筋肉で、
腕を使う際に、身体を固定する働きもします。
ラリーパパの尊敬する山本"KID"徳郁選手の広背筋はある意味芸術です。笑
しかも、身体の使い方が素晴らしい!!
ボディーイメージの高さが成せる動きです。
あの広背筋があってこそあのパンチ力が出せるのです!!!
と、まぁ山本"KID"徳郁選手の事はこの辺で…笑

バイクに乗る上でも広背筋は非常に重要ですが、なかなか鍛えるのが難しい部位でもあります。
と言うのも、腕で押すにしても、引くにしても、大抵の人の場合は腕の力だけで、その動作をしようとしてしまうのです。
なので、腕が上がってしまう…。

一般的に
腕の筋肉は持久性に乏しく、瞬発力に優れる種類の筋肉が多く、
体幹の筋肉は、持久性に優れ、瞬発力に乏しい種類の筋肉が多い。
のですが、広背筋は持久性に優れながら、瞬発力にも優れる。
うーん。素晴らしい筋肉ですね。

と言うことで、広背筋を鍛えれば良いのですが、何せ鍛えるのが難しい。
懸垂をすれば鍛えられる!!
っていう人もいますが、これも腕の力だけで懸垂してしまう可能性があるし、
もし、広背筋を使っていたとしても瞬発的なトレーニングで、持久力のトレーニングにはならない…。
俺は、1000回でも懸垂できるぜ!!
これでも、持久力は無いか?
って方は、この先は読まなくても良いです。笑

ラリーパパは、ローイングマシンでトレーニングをしました。
ローイングマシンは簡単に言えばボート漕ぎ運動の有酸素トレーニングマシンです。
この運動をハートレイトモニター(心拍計)を使用しながら行うのです。

このトレーニングの良い点は、広背筋を鍛えながら有酸素トレーニングが出来る!!
ついでに握力も!!
って事です。
欠点は、大きな声では言えませんが…

面白くない 笑

ランニングなんかのように爽快感は余り有りませんね。

ラリーパパ的には、非常に快感なんですけどね。
まぁ、トレーニングって大なり小なりそんなもんでしょう?笑

ちなみにラリーパパの使用しているローイングマシンはこれ→スポーツボートです。
理由は安かったから…笑
そして、ハートレイトモニターはこれ→F−RUN ハートレイトモニターです。
理由は安かったから…笑

実際のトレーニングの方法に関しては、また次回にアップしますね。
さすが、ラリーパパ!!
福井県理学療法士会スポーツ支援部部長は伊達じゃないぜ!!

目からウロコの納得トレーニング法を公開しますよー!!
た・ぶ・ん

スポンサーサイト

  • 2007.12.01 Saturday
  • -
  • 23:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ローイング運動の記事読ませて頂きました。
私もスポーツボートを所有し、最大の12
で1日100回を目安に行っているのです
がローイング運動はどの程度やると効果的
なのでしょうか?
  • ヒロ
  • 2007/01/12 3:01 PM
ヒロ様
ご質問ありがとうございます。
スポーツボートの運動は、等速性運動という種類のもので、ダイヤルは負荷の強さでは無く、実は運動スピードのダイヤルです。なので、ダイヤル1のメモリは速いスピードでアームが動き、ダイヤル12は遅いスピードで動きます。なので、試しにダイヤル12に設定して軽い力でゆっくりと引いてみても、力一杯引いてみても、多分同じ位のスピードでアームが動くと思います。(ちなみに、オイルの粘性を利用しているので、運動しているうちにダンパーが熱を持ち中のオイルの粘性が下がるので、アームが運動の最初に比べて速く動くようになると思います。)
突き詰めて言えば、等速性運動の負荷量は自身の筋力と言えます。
なので、ダイヤルを5に設定しても12に設定しても負荷量は同じとも言えます。(あまり軽いと運動スピードが速すぎて十分な過重が出来ないです。)
ローイングマシンでの筋力増強は心拍数を上げるのに必要な筋力までです。それ以降は、筋の持久力の向上として働きます。

で、ご質問内容に戻りますが、設定を最大値にしていると言うところから推察して、筋力増強を主目的にされているものかと思われますが、連続で100回しても効果は乏しいと思われます。何故なら、徐々に筋疲労を起こして、最後の方では筋出力としてはかなり落ちているものと思われるからです。
この器具は、あくまでも有酸素と筋力増強の両立ですので、筋力増強(筋肥大)という目的から見ると、筋力増強を主目的とした重り負荷型のトレーニングマシンと同等の効果は望めないと思います。

ちなみに、筋力増強(筋肥大)の原則は最大負荷の70%以上を10〜15回、これを2〜3セットです。

ローイングマシンは有酸素トレーニングなので、回数ではなく時間を目安に取り組まれた方が良いかと思います。
そのあたりは、この次の記事をご参照下されば幸いです。
  • ラリーパパ
  • 2007/01/12 10:42 PM

ラリーパパ様

申し訳ありません、インターネットが出来る
環境が限られておりまして返事をするのが
大分遅れてしまいました。

アドバイス有難うございました。
丁寧に書いて頂きとても分かりやすかった
です。最大負荷の70%以上を10〜15
回を2〜3セットが最も効率的な筋力トレ
ーニングなのですね、何分素人なもので回
数さえこなせば背筋を鍛えられるものと思
っておりました。。

次の記事を参考にさせて頂き、トレーニン
グ方法を変えてみます。まずはハートレイ
トモニターを購入しないと…

本当に有難うございました。
  • 2007/01/18 11:38 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
ラリーパパの子育て日記
ラリーパパは小児施設の理学療法士で二人の男の子の父親でもあります。 子供達と過ごす毎日は発見と感動の毎日です。 そんなラリーパパの子育て日記はこちら↓
「ラリーパパのおもしろ子育て」
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM